奄美大島特集

奄美大島とは?

奄美大島は鹿児島県と沖縄の中間に位置する島です。
青く澄みきった海、ここでしか見れない生き物たち、
深く雄大な自然を誇ることから、「東洋のガラパゴス」の異名も持っています。
奄美大島最大の魅力は、美しい海だけでなく、マングローブをはじめとした大自然も満喫できること。
まさに1度で2度楽しめる♪おすすめの離島です!
◆奄美大島ってこんなとこ◆
奄美大島は沖縄本島、佐渡島に次ぐ面積を誇る大きな島です。
なので、移動手段には断然レンタカーがお勧め!
お車の運転はちょっと...という方は、ホテルによっては空港からの送迎サービスを要チェックです!

アクセス

≪飛行機≫
羽田からの直行便
羽田空港⇒奄美空港(約135分)・・・1日1便
羽田からの経由便
羽田空港⇒鹿児島空港(約100分)⇒奄美空港(約65分)

ここは外せない!絶景スポット

あやまる岬 あやまる岬

"九州旅ネット"フォトギャラリーより転載

奄美空港からお車で10分ほどの奄美十景を代表する絶景スポットです。
こんもりと丸い地形が綾織りの手まりに似ていることから「あやまる」の地名がつけられました。
岬の周辺には美しいサンゴ礁が広がり、眼下にはソテツのジャングルが生い茂ります。
多目的公園となっており、珊瑚礁をくり抜いて作られた海中プール、
遊具いっぱいの公園にグラウンドゴルフも楽しめます。
もちろんトイレもシャワーも更衣室も完備しているので、お子様連れも安心です。

  
高知山展望台 高知山
大島海峡と加計呂麻島を一望することができる絶景ポイントです。
奄美空港からはお車で2時間半ほどかかる島の中南部に位置しています。
駐車場から森の中遊歩道を5分ほど歩くと、展望台に到着します。
そこからは奄美大島らしい真っ青なブルーの海とグリーンの大自然のコントラストが楽しめます。
高知山展望台からさらにお車で5分ほど山を登ると
標高483.6mの油井岳展望台もございます。

パワースポット

ハートロック ハートロック

「ハートロック」は北部龍郷町の赤尾木(あかおぎ)の東海岸、通称ビラビーチにあるハート型の潮だまりのこと。
ハートロックはいつでも見られるというわけではなく、潮が引いたとき(干潮)だけしか見ることができません。
なので、見に行く際は潮見表などを要チェックです。また、夏は見ることができないので注意してください。
見られた方は、恋愛成就間違いなしのパワースポット。ぜひ訪れてみてください。
恋愛だけでなく、画像を携帯電話の待ち受け画面に設定すると、幸運が舞い込むそうです!

アクティビティ

ダイビング ダイビング
海がきれいな奄美に行くなら、海で遊ばないなんてもったいない!
主なポイントは、北部の東シナ海エリアと太平洋エリア、南部の大島海峡エリアの3か所です。 潜る場所によって出会える生物や地形などが異なりますが、
特におすすめなのが、多くの海洋生物が生息する東シナ海側のポイント。
ニモでおなじみのカクレクマノミをはじめ、カラフルな熱帯魚や珍しい生物に出会えます。
運が良ければウミガメにも会えるかもしれませんよ♪
 
●おすすめダイビングショップ●
北部・龍郷町「ネイティブシー奄美」
リゾートホテル内のダイビングショップです。
潜るポイントはもちろん東シナ海側のエリアです。
ネイティブシー奄美
ホエールウォッチング クジラ
実は奄美大島近辺には12月から4月の間、期間限定で遠いシベリアの海からクジラがやってきます。
ホエールウォッチングの穴場と言える奄美大島では、ザトウクジラに高い確率で会うことができます。
子孫を残すため暖かい海に移動してくるクジラの迫力あるパフォーマンスを間近で見てみるのはいかがでしょうか?
運がよければ親子クジラが一緒に泳ぐ場面や、潮を吹いたりジャンプしたりと沢山のパフォーマンスを間近で見られる可能性も!
1月~3月限定で、ホエールウォッチングクルーズを催行しているダイビングショップがあるので、冬の奄美旅行の際はぜひ♪
マングローブ マングローブ
沖縄に次いで全国2位の規模を誇る中部・住吉町のマングローブ原生林。   
カヌーツアーでは、迷路のようなマングローブの森の中をカヌーで散策することができます。   
リュウキュウアユやシオマネキなどの珍しい生物に出会える可能性も高いスポットです。
金作原原生林 金作原
金作原は広葉樹が密生する亜熱帯原生林です。
未舗装の道路沿いには、ヒカゲヘゴやイタジイなど樹齢100年以上の巨木が生い茂っています。   
天然記念物のルリカケスなど、奄美固有の稀少動物に会える可能性も!   
原生林の入り口までの道路は細いうえにくねくねと曲がっている悪路なので、運転にあまり自信のない方は散策ツアーの利用がおすすめです。

おすすめビーチ

  
土盛海岸
土盛海岸
グリーンとブルーのグラデーションが美しい、円形の白砂が広がるビーチです。   
サンゴ礁が広がる海で、海水浴やシュノーケリングを楽しむのにぴったり♪   
島民が「奄美で最も美しい海」と言うほどの透明度を誇る屈指の海で、
光の当たり具合によって色が変わってみえ、訪れた誰しもが驚くほどの美しさです!
 
  
ホノホシ海岸
ホノホシ海岸
黒潮にもまれて丸く磨かれた直径10センチほどの石が敷き詰められ海岸です。   
波が引く時は、石同士がぶつかり合い「カラカラ」という音が響きます。   
波が荒いので海水浴はできませんが、キャンプを楽しめるスペースがあり、ゆったり過ごせる海岸です。

ページトップへ