北海道を代表する冬のお祭り!さっぽろ雪まつりの歴史とは

北海道を代表するお祭りというと「さっぽろ雪まつり」をイメージされる方も多いのではないでしょうか。

開催シーズンになると多くの観光客が集まるさっぽろ雪まつりですが、ここまで規模の大きなイベントになるまでには長い道のりがありました。

今回は、参加する前に知っておきたい、さっぽろ雪まつりの起源と歴史についてご紹介していきます。

ひょんなことから始まった!さっぽろ雪まつりの起源とは

シーズンになると国内外から多くの観光客が集まるさっぽろ雪まつりは、日本の冬の催しの中でも規模が大きく、高い知名度を誇る祭りです。

さっぽろ雪まつりの開催が始まったのは、1950年のことです。さっぽろ雪まつりの会場になっている、大通公園に地元の中学生・高校生が6つの雪像を作ったことが始まりとされています。

当時、大通公園の7丁目は雪捨て場として開場されていました。雪像作りの知識を持たない地元の中学生・高校生は、学校の美術教師の指示を受けながら、3mから5mの雪像6基を設置したといわれています。

第1回さっぽろ雪まつりは、雪合戦や現在よりも規模の小さな雪像展、カーニバルなどがプログラムに組み込まれ、来場者は約5万人にものぼりました。
当時は、日本が戦争に敗戦したこともあり、食料が不足するなど、すべての市民の生活が明るいものであるとはいえませんでした。
そんな札幌の冬を活気付けてくれるさっぽろ雪まつりは、多くの方から好評を集めました。

予想以上に高い人気を見せた「さっぽろ雪まつり」は、その後も継続的に開催することが決まったのです。

陸上自衛隊も参加!雪まつりが北海道を代表するイベントに成長するまで

yukimatsuri-jieitai450-337.jpg

さっぽろ雪まつりといえば、大きな雪像が大通りに立ち並ぶ姿を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。


さっぽろ雪まつりに初めて大きな雪像が登場したのは1953年のことです。
「昇天」と名付けられた大雪像は、その迫力で観客の心を圧倒し、強いインパクトを残しました。1955年の雪まつりの準備には、自衛隊が参加し、大規模な雪像作りが展開されました。
その後も、雪像づくりの規模はどんどん大きくなり、1959年には雪像づくりに2,500人もの人々が参加するまでになりました。その年のさっぽろ雪まつりは、テレビや新聞などでも紹介され、国内でも注目されるようになりました。

さっぽろ雪まつりが高い知名度を獲得した背景には、1972年に札幌で開催された「冬季オリンピック」の影響があります。
海外からの観光客が増加することに伴い、歓迎の気持ちを込めて開催されたさっぽろ雪まつりは盛況し、海外からも注目されるお祭りへと成長していきました。
1983年にはすすきの会場が開場され、ネオンと共に光り輝く氷像が人気を集め、1984年には2日間だった開催期間は、7日間まで延長され、多くの人に愛されるイベントへと進化を遂げていきました。

長い歴史を経て、北海道の冬を代表するビッグイベントへ!

yukimatsuri-odori.jpg

平成28年度のさっぽろ雪まつりの来場者数は260万人にものぼり、さっぽろ雪まつりは北海道を代表するビッグイベントになりました。

展示される雪像の数は200基を超え、夜にはライトアップやプロジェクションマッピングによる演出が加えられるなど、展示方法も時代の流れに合わせて変化しています。

会場は、メイン会場となる大通会場の他にも、すすきの会場やつどーむ会場が設置されており、大人から子供まで楽しむことができるさまざまなイベントが行われています。

さっぽろ雪まつりのメインイベントといえば、迫力ある大雪像の展示です。
大雪像を作るためには、まず会場に大量の雪を運び、高い雪の塊を作っていきます。作業にはクレーン車が使用され、高い雪の塊周辺には足場が組まれていきます。
設置する予定の雪像の高さまで雪が積みあがったら、余分な雪を荒削りしながら形を整えていき、上から真っ白な化粧雪を塗っていきます。
あらかたの形が出来上がると、組まれていた足場は撤去され、人の手を使って細かいパーツを仕上げていきます。全てのパーツが整ったら完成です。

長い歴史を誇るさっぽろ雪まつりのみどころ!

長い歴史の中で、徐々に知名度を獲得していき、いまや日本の冬を代表する一大イベントとなったのが「さっぽろ雪まつり」です。

国内外から多くの観客が集まるさっぽろ雪まつりですが、その見どころは一体どこにあるのでしょうか。
皆さんの意見をご紹介します。

注目を集める雪像!他にも見どころはたくさん

・とにかく周りが雪。雪像に圧倒される。夜は行ったことないのだが、ライトアップされていると別の雰囲気が出て楽しそう(30代/男性)
・やはり、雪の像の大きさです。スケールが違います。特に九州からの参加だったので全てがカルチャーショックでした。(40代/女性)
・ススキノの氷の彫刻がすごく、夜になるとキラキラして非常に印象に残っています。(40代/女性)
・日が落ちてから見に行くのも素敵です。イルミネーションがキレイで。(50代/女性)
・11丁目駅近くの外国人の方が作る雪像。その他色んな国の出店も並んでおり、非常に国際色豊かである。(20代/男性)
・雪で作られた展示品の数々が素晴らしかったです。(20代/女性)

【質問】
さっぽろ雪まつりの印象やみどころを教えてください。

【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年03月07日~2017年03月14日
有効回答数:288サンプル

さっぽろ雪まつりのメインイベントともいえる「雪像の展示」を見どころだととらえる方もいれば、すすきの通りに展示される氷像や、国際色豊かな出店を見どころだと感じる方もおり、さっぽろ雪まつりはさまざまな魅力を併せ持っているようです。

さっぽろ雪まつりの人気の秘密は長い歴史の中にあった

yukimatsuri-setsuzo2.jpg

冬のビッグイベントとして、高い知名度を誇るさっぽろ雪まつりが愛される理由は、長い歴史とその歩みの中にあります。

札幌の厳しい冬を活気に溢れる楽しい季節に変えてしまうほど、パワフルなさっぽろ雪まつりは、現在でも多くの人々を魅了し続けています。

さっぽろ雪まつりに参加するために、北海道に旅行する場合は、ツアー旅行を利用するのも良いでしょう。自分の目的に合ったプランを選ぶことによって、時間を無駄にせずに旅行を楽しめるだけではなく、交通費も抑えられます。

関連記事:冬を代表する一大イベント!さっぽろ雪まつりを堪能しよう

/ 関連記事

大自然!北海道!おすすめのオプショナルツアーは?
北海道に行ったらあなたがぜひ見たい野生動物は?
夫婦で過ごす北海道の夏休み!さて、どこに行こうかな?
夏休み!カップルで行く北海道旅行!
迷ってしまう!道東の湖の中でどこに行ってみたい?
一度は乗ってみたい!こんなにある北海道の観光列車
北海道への旅路あなたは飛行機派?フェリー派?
誰と行くかが旅の秘訣。北海道旅行に行くなら誰と行く?
これがみんなが支持する北海道定番のお土産
夏シーズンの北海道旅行は食・景色・涼を求めて
夏の北海道はどこで楽しむ?
旅行の楽しみの一つ、宿選びは何を重視する?
洋室と和室、北海道で泊まる部屋を選ぶなら
ひろーい北海道!レンタカーで走ってみたい場所!
北海道は雨でも楽しい!天候に左右されない観光地アンケート
もうすぐ夏休み!家族で旅行するならどこ行く?
ここだけは行くべき!北海道の絶景スポットといえば?
夏休みに夫婦で旅行するとしたら、どこに行きたい?
春休みに行きたい!北海道のおすすめスポット!
北海道といえば冬!のイメージですが、春に楽しむならば?
憧れのパウダースノー!北海道のスキー場
北海道旅行でこれだけは食べたい。絶品の本場グルメは?
北海道旅行するなら何泊したいですか?
北海道観光!ゆっくりロケ地めぐりで北海道の魅力を知ろう!
夏休みは家族で楽しもう!北海道のオススメ観光エリア
北海道旅行をするうえで気をつけること・注意点って、どんな事?
春休みに旅行に行くなら、北海道と沖縄どっち!?
北海道へ旅行に行くならみんなどのくらいの予算を考えてる?
北海道旅行に行くなら春夏秋冬いつ?
自然あふれる北海道!絶景の紅葉を楽めるおすすめスポットは!?