一度は行く価値のある島「はての浜」。東洋一の美しさに絶対感動間違いなし|ライフツアー

東北楽天ゴールデンイーグルスの春のキャンプ地としてお馴染の久米島!
東洋一の美しさと呼ばれる「はての浜」はまっ白な砂浜、どこまでもつづく青い海の景色が楽しめる無人島です。
幻想的な島で日常を忘れて、たまにはゆっくりしませんか?
はての浜の魅力とツアーをご紹介いたします!

1. はての浜とは??

久米島の東側から約5kmに位置し、全長7kmの3つの砂浜からなる無人島。
(メーヌ浜、ナカノ浜、はての浜の)の総称です。
360度の全景は青い海と青い空に囲まれ、真っ白な砂浜と青い海以外は何もない無人島です。

hatenohama1

2、はての浜での過ごし方

はての浜ではシュノーケリングや海水浴が楽しめます。
半日ツアー、ランチ付1日ツアー、島に上陸だけのツアー、シュノーケリング付のツアーなど
様々なツアーがありますので、ご自身にあったツアーをお選び下さい。

hatenohama10

1日過ごす方はランチ付のツアーになります。島へ飲食物の持ち込みは可能ですがごみは持ち帰るようにしましょう!

※はての浜ツアータイムスケジュール例

【半日ツアー】
ホテル集合(リゾートホテル久米アイランドホテル)09:20
はての浜到着                  10:00
フリータイム                  約2時間
はての浜出発                  12:00
ホテル到着                   12:30

【1日ツアー】
ホテル集合(リゾートホテル久米アイランドホテル)10:50
はての浜到着                  11:30
フリータイム                  約4,5時間
はての浜出発                  16:00
ホテル到着                   16:30

※現地オプションツアー会社アイランドエキスパート久米島のスケジュール例です。
(リゾートホテル久米アイランド内)にあります。
※リゾートホテル久米アイランドまでは直接お越し下さい。送迎はしておりません。
※4月1日~梅雨明けの期間までは天候などにより1日コースを
催行できない日もございますのでご了承下さい。

砂浜を歩いて、貝殻を集めたり、シュノーケルでお魚をみたり、お好きな時間をお過ごしください。

hatenohama2

hatenohama3

3 はての浜へ行く際に知っておきたいこと!!

<久米島の気候>

久米島の年間平均気温は約20℃。
年間を通して暖かいですがやはり海で泳ぐなら暖かくなる5月~9月です!
ただ、5月~6月は梅雨の時期になり、夏の7~9月頃は台風シーズンでもあります。
また7月~8月は夏休み期間になりツアー料金も高くなります。

6月の梅雨あけから7月中旬頃までは台風の発生する確率も低く、
ツアー代金もお安いためおススメです。
10月頃から気温が下がり始めるためパーカーや長袖シャツなどをお持ち下さい。
12月?2月頃は寒くなりますので厚手の上着が必要になります。

パーカーや長袖シャツは日よけ対策・防寒になる為、
1年中どの時期でも活用できると思います!

はての浜には日よけがありませんので、帽子・日焼け止めなど日焼け対策は万全に!!
飲み物の準備もお忘れなく。
夏は日差しも強いので水着だけで過ごすのは危険です。
ラッシュガードや長袖シャツ・短パンの着用をおすすめします。

〈はての浜へ行く際の注意事項〉

・船での往復の際に波しぶきがかかる事がありますので、濡れても良い服装でご集合下さい。
・船は揺れますので乗り物酔いをしやすい方にはすこしツライかも・・・。
船に弱い方は事前に酔い止めの薬(アレルギー要確認)の服用をおすすめします。
・はての浜には船着き場ないため、砂浜の少し手前に船が止まります。
船から砂浜までは水中を歩いての上陸ですので、足元が濡れてしまいます。
膝丈位の短パンなど、濡れても良い服装でお出かけ下さい。
・はての浜には更衣室がありません。海に入る方は予め水着着用でご集合下さい。
・お荷物(特に携帯電話やカメラなど)も濡れる危険があるため、ビニール袋に入れるなど厳重にガードしてお持ち下さい
・はての浜への飲食物の持ち込みは可能ですが、1日コースはランチ付(飲み物付)のため、昼食はツアーで召し上がる人が多いです。
・はての浜はトイレがありません。 (以前は簡易トイレがありましたが、2014年の台風で流されてしまいました。)
どうしても我慢できない時はツアー会社の船のトイレを借りて下さい。
トイレのついてない船もありますのでご予約の時に確認してくださいね!

※無人島のため日よけもなく、売店や更衣室、シャワー等の設備はありませんので

乳幼児や小さいお子様には向かないかもしれません。
お子様を連れていく場合は小学生くらいからが良いと思います。
(ツアー会社でパラソルやビーチマット、ビーチチェアーのレンタルはしてます。)

4、はての浜へ行くには??

まずは久米島を目指しましょう!
羽田から久米島までは那覇経由です。夏期には直行便も飛びますのでより、近くに感じられます。
所要時間:羽田~那覇まで約3時間。那覇~久米島まで約40分。
羽田~久米島まで直行の場合は約3時間。
(但し夏季限定、1日に1本の運航予定です。※航空会社の運航スケジュールにより変わる場合があります。)

hatenohama7

久米島からは??

はての浜へは船でしか行けません。
一般的には現地の観光会社が運営するオプショナルツアー「はての浜ツアー」へ申し込みます。
久米島の港から船で約20分程です。
はての浜へ到着までは船から見える景色をお楽しみ下さい。
一度は行く価値のあるはての浜、青と白の絶景に感動するはずですよ!!