初心者も経験者も大満足!沖縄で楽しむダイビングの魅力

沖縄旅行で外すことのできないのが、美しい海で楽しむことができる魅力的なシーレジャーの数々です。

中でも透明度の高い海を肌で体感することができ、珍しい海の生き物たちと触れ合うことができるダイビングは、観光客からの人気を集めています。沖縄の海はダイビング経験の海に関わらず楽しめるのも特徴です。

今回は、沖縄で楽しむダイビングの魅力についてご紹介していきます。

沖縄でダイビングしたい!何が魅力だと思う?

okinawa_sango.jpg

シーレジャーの中でも人気が高いのがダイビングです。沖縄の美しい海で楽しむことができるダイビングは、観光客から多くの支持を集めています。

では、ダイビングの人気の秘密はどのような点にあるのでしょうか。アンケートを取ってみました。

【質問】

沖縄でのダイビング、一番の魅力は何だと思いますか?

・パスポート要らずで頑張れば日帰りで、世界有数の透明度を誇る海でダイビングできるのが一番の魅力です。(40代/男性)

・沖縄の海は外国の海にも負けない美しさだと聞くので、きれいな海とカラフルな魚たちを楽しめそうです(40代/女性)

・沖縄でのダイビングの魅力は街からすぐのところに海があること、そして海から上がってすぐに沖縄そばやぜんざいなどの沖縄グルメが楽しめるところにある。(30代/男性)

・海水の綺麗さ透明度の良さと、魚の種類が多いことが大きな魅力です。(50代/男性)

・奇麗なサンゴ礁や熱帯魚の楽園を見られるスポットが多いことです。(40代/男性/自営業)

調査地域:全国

調査対象:【年齢】20 - 59

調査期間:2017年01月27日~2017年02月02日

有効回答数:150サンプル

・アクセス楽々!世界から注目される美しい海でダイビングを楽しめる

沖縄でのダイビングの魅力として、アクセスが容易である点と美しい海に潜ることができる点を支持する方は多いようです。温暖な気候であることから、シーズンに関係なくダイビングを楽しめる沖縄は、美味しいグルメを堪能できるのも魅力といえそうです。

そこで、魅力溢れる沖縄のダイビングについてご紹介していきます。

沖縄の海はダイビングに最適!

okinawa_kumanomi.jpg

1年間を通して温暖な気候に恵まれた沖縄の海では、シーズンを問わずダイビングに挑戦できるだけではなく、温暖な地方の海でしか見られない珍しい海の生き物を鑑賞することができます。沖縄の海は透明度が高く、波も穏やかなスポットが多いため、初心者でもダイビングに挑戦しやすいことがポイントです。世界の海の中でも、美しい海として知名度の高い沖縄は、国内だけではなく海外からも多くの観光客が訪れます。

本島からのアクセスも容易であるため、プランによっては日帰りでダイビングを楽しめます。また、シーズンによって沖縄の海で鑑賞できる生き物は異なります。沖縄の海でダイビングをした経験がある方は、異なる季節に再びダイビングに挑戦することによって、一味違った魅力を持つ沖縄の海を体感できます。

美しい海でダイビングを楽しんだ後は、沖縄ならではの郷土料理を楽しめるのも魅力の1つです。沖縄にはぜんざいやソーキソバ、てびちなど、美味しいグルメがたくさんあることでも知られています。美しい海でダイビングを楽しんだ後は、泡盛を飲みながら沖縄の郷土料理と新鮮な魚介類を食べるのも良いでしょう。

沖縄のダイビングに適した時期はいつ?

okinawa_summer1.jpg

年間を通して温暖な沖縄の年間平均気温は24℃程度です。夏の最高気温は30℃程度、冬の最低気温は15℃程度といわれています。沖縄の年間平均海水温は、23℃程度です。夏の最高海水温は28℃、冬の最低海水温は21℃程度です。1年間を通してダイビングを楽しむことができる沖縄は、どの季節に訪れても魅力的なダイビング体験ができます。

沖縄の海をゆったりと堪能したいという方には、ゴールデンウィーク明けの5月中旬ごろから、7月の中旬までの期間に沖縄を訪れるのがおすすめです。観光客が集中しやすい夏休み前はダイバーの数も多すぎず、ゆっくりとダイビングを楽しむことができます。夏の沖縄の海は海水温が高く、沖縄でしか見ることができない珍しい品種の生き物も多いため、ダイビング初心者にも楽しみやすい時期であるといえます。

また、沖縄の海には、決まったシーズンにしか鑑賞できない海の生き物たちもいます。マンタやクジラなどは、沖縄で鑑賞できる海の生物の中でも人気が高い品種です。シーズンに合わせて出没しやすいダイビングスポットを訪れることによって、マンタやクジラなどと泳ぐ特別な経験ができるかもしれません。

関連記事:沖縄でダイビングするならどの時期がおすすめ?

ダイビング初心者でも楽しめるプランが充実

ダイビングを経験したことがない方の中には、機材を装着したまま海に潜ることを怖いと感じる方もいるのではないでしょうか。しかし、国内でも人気の高い観光地として知られる沖縄では、初心者でも挑戦しやすいダイビングプランが充実しています。

沖縄旅行の思い出にダイビングを楽しみたい方には「体験ダイビング」がおすすめです。体験ダイビングは、ダイビングのライセンスをお持ちでない方でも挑戦できるダイビングプランのことです。実際にダイビングスポットで海に潜る前には、丁寧な講習を受けることができ、安心してダイビングを楽しめます。本格的にダイビングを楽しみたいという方には、ダイビングライセンスの取得が必要です。沖縄はダイビングを楽しむ方が多いことから、ダイビングショップの数が多いことも特徴です。

ダイビングライセンスである「Cカード」を取得できるダイビングプランなども多くあるため、国内でもライセンスを取得しやすい地域といえます。「Cカード」を取得した後は、海域や推進に縛られずにダイビングを楽しめるため、より自由に沖縄の美しい海を満喫できるでしょう。

関連記事:ダイビング初心者でも沖縄の海なら楽しめる!

人気が高いダイビングスポット!青の洞窟の魅力

okinawa_aonodoukutsu4.jpg

沖縄の中に数多くあるダイビングスポットの中でも、人気が高いダイビングスポットとして観光客が多く訪れるのが「青の洞窟」です。

青の洞窟は、波の浸食によってできた洞窟内に海水が流れ込み、透明度の高い海水が青く発光して見えることから名付けられました。青の洞窟の海底は石灰石でできていることから、白いことが特徴です。岩場から太陽光が差し込み、石灰石でできた海底がそれを反射することによって、透明度の高い海水が青く発光して見えるという仕組みです。

青の洞窟は天候に左右されずにダイビングやシュノーケリングを楽しむことができるため、天候を気にせずプランを組むことができます。洞窟内は波もほとんどないため、初めてダイビングを楽しむ方や子供でも安心して楽しみやすいことも魅力です。

青の洞窟周辺には、土産物や民芸品、新鮮な野菜や果物を販売する市場「おんなの駅」や、青の洞窟がある恩納村とやんばる地方の文化について知ることができる「恩納村博物館」や「恩納村文化情報センター」などの観光スポットがあります。ダイビング後にはおんなの駅でショッピングや軽食を楽しんだり、恩納村博物館や文化情報センターで沖縄の自然と人々との関り合いについて情報収集を行ったりすることで、沖縄旅行の楽しみも広がります。

関連記事:沖縄でも人気のダイビングスポット「青の洞窟」の魅力とは

沖縄の海ならジンベイザメと泳げる!

okinawa_jinbeezame.jpg

数ある海の生き物の中でも人気が高いのがジンベイザメです。ジンベイザメは、迫力のある容姿とは裏腹に、温厚で臆病な性格であるといわれています。国内の水族館の中には、ジンベイザメを生育している施設もあり、ジンベイザメの姿を鑑賞した経験がある方もいるのではないでしょうか。

沖縄の海では、ジンベイザメと一緒に海を泳ぐことができるダイビングスポットがあります。読谷村にある漁業協同組合では、研究のためにジンベイザメを飼育しています。ジンベイザメを飼育している生け簀では、ダイビングを楽しむことができます。ライセンスを持っている方は生け簀の中に入り、ジンベイザメと一緒に泳ぐことができます。

ライセンスを持っていない方でも、体験ダイビングに挑戦できるため、生け簀の外から沖縄の海を泳ぐジンベイザメを鑑賞できます。ジンベイザメと泳ぐことができるダイビングスポットは少ないです。沖縄を訪れた際にはジンベイザメダイビングに挑戦し、日常ではなかなか味わえない貴重な体験をしてみるのもおすすめです。

関連記事:沖縄のダイビングでジンベイザメと泳ごう!

美しい海で非日常体験!沖縄でダイビングを楽しもう

普段なかなか触れられない海の自然を体感できるダイビングは、沖縄に訪れた際には挑戦したいアクティビティの1つです。経験の有無によってプランやダイビングスポットを変えることで、楽しみの幅も広がります。沖縄でダイビングをする際には、ツアー旅行を楽しむのも1つの方法です。ツアーの中には交通費を抑えながらダイビングプランを選ぶことができるものなど、お得に旅行を楽しめるツアーもあります。